群馬県高崎市 ベッド・マットレス・枕など寝具のことなら金澤屋

投稿者: admin 投稿日時: 2017年4月16日

これからの季節に快適!”呼吸する羽毛布団”

◆今の季節、何をかければいいの?◆

今の季節は、朝や晩、また日によって気温差も大きく、夜かけるものにも悩みますね。

寒いと思って羽毛布団をかければ暑いし、暑いと思って薄手のケットにしてみれば寒かったり。

そんな時は肌掛けが重宝です。

薄手のダウンケットを多くの方が使われると思いますが、

羽毛吹き出し防止のための『ダウンプルーフ』加工を施した側生地を使っているため、

蒸れて暑くなり、睡眠の質を低下させてしまいます。

そのため、金澤屋ではダウンケットはおすすめしていませんでした。

・・・今までは。

◆画期的!“呼吸する羽毛布団”◆

Produktheader

でも、ドイツでこんなダウンケットを見つけたのです!

なんと、通気孔があいている!

P1090675

ダウンのたもつ空気層が、心地よく保温。

そして側生地にほどこされたメッシュの層が、余分な熱や湿気を外に逃がすという作り!

csm_CB_Air_Abstandsgewirke_Makroaufnahme_1909adea30

店長が試しに使ってみましたが、

『蒸れないね! いいよこれ!』

そこで本格的に仕入れ、2016年  金澤屋に初お目見え!

P1090692

ダウンケットのタイプは2種類。

P1090671

▲クラシック 135×200cm  38,000円(税抜)

P1090676

▲コンフォート 135×200cm  49,000円(税抜)

『穴が空いていて、寒くないの?』

いえいえ、掛カバーをつけて使いますし、

メッシュ部分は生地で覆われる状態になりますから、寒くはありません。

カバーにも、しなやかなサテン地の掛カバー(別売)を用意しました。

サイズが135×200cmなので、このダウンケット用に作成した専用カバーです。

P1090688

ダウンケットの側生地も、エジプト超長綿のしなやかで、

とっても肌あたりの良い、気持ちの良い生地!

ふわっと軽く、さらっとしていて、とてもやわらか。

こんな気持ちの良い生地を使うダウンケットは、中々お目にかかれません。

P1090675-02

シェラトン都ホテル東京のエグゼブティブスウィートや

ドバイの7つ星ホテルでも採用されているそうです。

直輸入につき、数量に限りがあります。

店頭でお試しいただけます。

ぜひ掛けてこの新触感を味わってください!